スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

いただきます 其の二

ずい分前の話ですが、息子が幼児期の頃ひどい偏食に悩みこけた事があります

おまけに息子はその頃から小柄で、私も「何とか食べさせねば!」と
日々躍起になっていたんでしょうねー
いろいろ工夫して手の込んだ料理を作ってもなかなか食べてもらえない・・・

ある時は、チャレンジという子ども教材のマンガビデオを見せて
歌ったりしながら「栄養のバランスが大事!」と教え込もうとしておりました
一生懸命にやってたんだけど、子どもには拒否られるばかり ・・・ 
   涙ぐましい努力のあとが・・・   眉間のしわ・・・ 

でも今から考えたら、手の込んだ料理も教材も押しつけ以外何ものでもなく
子どもにとったら全く楽しい食卓ではなかったんでしょうね・・・きっと! 

それから小学校の給食で一つずつ食べれるものが増えて
4年前から家庭菜園を始めてからは、普通に野菜を食べれるようになりました
(大根以外はですが

あれから早10年・・・我が家の食卓もずい分変わったように思います
何が一番変わったか!? 家庭菜園を始めてからというもの
ワタクシが野菜を何よりの好物とするようになったことです


つづきはまたね~  
関連記事

Pagetop

トラックバック

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Pagetop


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。